腰椎の生理弯曲はきちっとした角度保っているとあまり腰痛は起きません。
腰痛の無い方でも座り方や寝方でいたくなる時がありますし重いものを持った時や長時間の同じ姿勢の作業が腰に来ます。

こんな時は腰椎の弯曲角度が浅かったり深かったり、筋力が減ってきたり、部分的に強すぎ負荷がかかったています。

骨盤の前後の傾き、左右のスライド、ねじりと背骨の位置、脊柱起立筋、腰方形筋、腹筋、大腰筋などで起きます。