about_img01

円環指圧は親指で真っすぐ押しながら、親指を小さい円を描くように回して患部に刺激を届かせる指圧です。弱い圧の刺激がよい方、強い圧の刺激を求める方、どちらも円環指圧で深部まで刺激を送り、ほぐしていきます。筋肉、腱、関節、神経を指圧します。

円環指圧は解剖学をベースに考えています。経絡経穴は分かりません。

深部の筋肉、腱、筋膜が痛みを発して、不快感や痛み、動かしづらさを起こします。そこをゆっくりほぐし、動かしやすさが増すことで関節の動く範囲を広げていきます。治療はほぼ拇指、親指の指紋部分で回しながら押していきます。たまには人差し指、中指、薬指でも押しますし使います。母指球でも押します。

当院には強く肩こりを感じる方、デスクワークで肩こり、目の眼精疲労だけではなく、背中の真ん中が痛む方が多く来院され、施術いたします。